« さあ、いよいよです。 | Main | 1日だけの父親を雇う。 »

07/03/2005

スマイル

オノヨーコさんがジョンレノンと交際する前の年にジョンレノンで「スマイル」という作品を作りました。画面の中は、ジョンレノンのアップだけ。
レノンが微笑するのを超スローモーションで50分くらいかけて上映する映画なのです。
私も実際、美術館でそれを見ました(すいません・・全編通してみることはしなかったですけど)。

私はあの作品をどうして撮ったのかよくわかんなかったんですけど、最近わかりました。オノヨーコさんが、出会ったばかりのジョンレノンのイメージを「かわいそうな人だ」と思っていたらしいからです。

“やりたいこともできず、かわいそうなひと”

そう思っていたんですって。
すでにスーパーヒーローで大金持ちの彼を、うらやんだり尊敬する人こそいれ「かわいそう」なんて思うのは、オノさんだけだったんじゃないんでしょうかね。レノンはとても多彩な人で、イラストも描くし、本も出版してるし、そのほかいろいろやりたいことがある人だったのですが、ビートルズという枠にぎちぎちになっていて身動きが取れなくなっていた。

だからオノさんはレノンを励ましたくて「スマイル」を撮ったのかもしれません。「本当の笑顔」を忘れているレノンに「笑ってよ」と。「心の底から、笑ってよ」と……。

ご存じオノさんのアートには命令形が多いのです。「〜しなさい。」というコトバが頻繁にでてきます。だから「スマイル」も「笑顔」という意味ではなく、「笑いなさい。」という意味だったのではないでしょうか。そしてその命令は、レノンの、というか、レノンの魂に向けて放たれたコトバだったんでしょう。

確かにレノンを主人公に作品を作ったら、世間的には大変に話題になるし、オノさんとしても名をあげるためにとても素晴らしい題材だったかもしれません。だけど、多分、全然オノさんは、そんなこと、考えてなかったんでしょうね。7歳下の、妻も子もいるレノンに対して、オノさんは多分、恋をしてしまっていて、そして、芸術家らしく、彼女なりに気持ちを表現した。それが「スマイル」だったのだと思います。

なんかそれに気づいたら、オノさんのことがとってもとっても可愛らしく思えてしまって、心がじんわり温かくなってしまいました。

よく笑うからといって幸せなわけではなく、その笑顔が、作り物であったり、無理していたりするものだってあるわけです。オノさんはとても感覚が鋭い方だったから、レノンを見て「この人、ホントに笑ってないな」ってわかったんでしょう。そしてそのことを言葉で説明するのではなく作品に仕上げちゃってるとこが、なんかとんでもなくスゴイと思います。

この世には、笑っていても「本当に笑っていない人」がたくさんいます。そういう人のために、私だったらなにができるんだろうな。って、ふと、考えてしまいました。

|

« さあ、いよいよです。 | Main | 1日だけの父親を雇う。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34456/4816883

Listed below are links to weblogs that reference スマイル:

« さあ、いよいよです。 | Main | 1日だけの父親を雇う。 »