« فبراير 2005 | Main | أبريل 2005 »

03/30/2005

東山アンジョ覚醒! キターーーーッ(≧∇≦)!!!

みくびらないでよ〜。
あの時バリケードで〜
燃え上がらせたのは〜
そうよ、東山アンジョよ〜ッ!
(バルジャンに向かってツバ吐いてるファンティーヌ風に)

今日の東山クンは、ついに覚醒してくれました!
(≧∇≦)これです! これが観たかったのですッ!!!
これこそ東山クンです!!! 
熱熱熱熱熱熱熱熱熱熱熱熱熱熱熱熱熱熱熱熱熱熱!!!
超ホットなアンジョルラスがそこにいました!
これです! ああ! 1シーン1シーンがきまることきまること!
指の1本1本すらも滑らかに動く。
各ポーズがビシービシーと!
(≧∇≦)ああッそこよッそこ……ッ!!!
(≧∇≦)ハアハアハアハア!
たまりません……!
お見事ですッ!

……一体それじゃあ今までの静かなアンジョっぷりは何だったんだい?
わけわかりません。みんなの呼吸をみていたのかしら? あれはあれで良かったけど。でもついに! 東山アンジョ完成です! 思いっきり目立ってくれちゃってました! むちゃくちゃリーダーです! あれじゃみんなついていくに決まってます!
東山クン、目覚めました!
ていうか合体しました、アンジョルラスと!
ぜったいコレです! コレっきゃありません!
今日のはもうホント、東山クンにしかできないアンジョです。
最高です!
ああ、言葉になりません……(嬉)。
今日を限りに東山アンジョを見納め予定の私だったのですが、真剣にもう一度5月に行きたいと願っています。これはすごい! しかもお相手がやはりビシービシーとキメる山口祐一郎バルジャンだったので、もう、もう。

(≧∇≦)ああッ!
(≧∇≦)そこよ、そこッ!
見事に、ツボ! ツボ! 気持ちイイ!
あ〜、いい夜デス! コーフン!

腱鞘炎気味なのも忘れて、夢中で拍手していました。
……今日舞台観ていて、ひとつ失敗しそうになりました。
アンジョが手を上げて皆の志気を煽ったとき、私まで「(≧∇≦)/オー!」と手を上げそうになっちまった(笑)!

実に華麗!
もう真っ赤っ赤な衣装が映えまくり!
東山クン、ついに悟ったようです。アンジョルラスになっちゃってました。

こういうの、観ているほうもほーんと気持ちイイです。
カーテンコールの時、東山クンはずーっとずっと、アンジョルラスのままだったんです。抜けないんです。芯までアンジョになりきってたままで、なんか見ていて胸が熱くなりました(≧∇≦)ウルウル。うわーこの人、本当に本気の演技してたんだって……。東山クン自身、ものすごく手応えを感じていたのでしょう。カーテンコールでほとんどの役者さんが素顔で笑っているのに、東山クンはアンジョのままでした。あの姿、感動でした……。今日はすごくカーテンコールが長かったけれど、あれはアンジョの出来のスゴサのせいもあったと思います。

私の隣のお姉さんもアンジョファンだったらしいんですが面白かったです。アンジョの出番じゃない時は髪をいじったり鏡を見たり、そわそわしていて恋する乙女で面白かったです。そういえばこないだトイレでコゼットのコスプレしている人を見ました。すごい! まいりました!

(≧∇≦)ハアハアハアハア……!
東山アンジョ、絶対見る価値大です。オススメ! でももう3月31日以降は5月までありません〜。
あ、4月後半からは、彼が率いる7人組ユニット「DIAMOND☆DOGS」の公演が博品館劇場であります。こちらは、彼のダンスが観れます。これまたスゴすぎですので、こちらも必見です〜! 私もいきます〜!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

03/29/2005

イケメンアンジョに(≧∇≦)ハアハア!3/23夜公演

すいませんすいません、締め切りラッシュで感想書けなくて。
ああ!
イってまいりましたよ! 記念すべき3月23日夜公演(≧∇≦)!
待ってましたよ! この日を(≧∇≦)キャー☆

大好きな東山アンジョの公演なのですもの〜!

東山アンジョ、やっぱり思い詰めた感じです。普段のダンスな東山クンの堂々としたところはあえて押さえているとしか思えません。ほとんど切腹するサムライ状態なアンジョに見えます。死を賭けて何かを訴えたかったのです。最初から負け戦だとわかっていたのです。

でも大分、手を上げるトコや旗を振るとこでオーバーリアクションが見え、いやーやっぱそうこないと東山クンじゃないわ。と妙に嬉しいワタシ。「死んでやるううう!」みたいな熱々のアンジョ! 

めろめろ〜。
へろへろ〜。

はっきりいってヤオイな状態のワタシでした!
この日はエポニーヌもコゼットも出てこなくてもいいくらい、ワタシは満足でした!
いつまでもいつまでもアンジョを観ていたかったわー!

東山アンジョは誰も信じないような本質的には孤独な部分を持っている気がして。
そういう意味でもかなーり、すいません、イイ友情を観ました。あたしは!!!

ああ(≧∇≦)ハアハア!

かぶりついて観てやるうううう!
そのために、締め切りがんばろう、自分(≧∇≦)/オー!


ていうか別所さんそして山口祐一郎は年下大好きの私にとってはかなり高齢なお方なのですが、あまりの迫力に、すっかり惚れてしまいました(≧∇≦)キャー☆ 心から尊敬申し上げます。いつか別の舞台も拝見したいものです。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

03/28/2005

雨を、てのひらに。

4歳になったばかりの娘は、雨がだいすきです。
今日も傘からオテテを出して、雨粒をてのひらにたくさん載せてました。

「ぬれちゃったね」

とタオルで拭こうとしたら、

「やめて、ふかないで」

と、こばむのです。

「雨が、てのひらで、ねんねしてるんだから……」


……だそうです(≧∇≦)か、かわいい!


さらに遠足の準備で「あした、おにぎり作ってあげるね」と言ったら、


「おおにぎりはイヤよ。こにぎりにしてね」

だそうです(≧∇≦)かわいいよー!


まいにち、まいにち。
こういうちいちゃなおこさまとのしあわせ。

子どものころから基本的に孤独だった私に、
天使ちゃんが2人もいるのは、やっぱり、しあわせなことですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

03/25/2005

いそがしいよん☆

(≧∇≦)/どもども!
おぃら忙しいらしく、一週間ここを更新できなかったようで、またこの日がやってまいりました。

そう!石井ゆかりさんの今週の占いです!


お忙しいでしょうか。
カラダも頭脳も活性化していて
むっちゃくちゃいそがしい中で
なぜか
不敵な
いや
ミステリアスな微笑みを浮かべている貴方が見えます。

今の貴方は、端から見るに
ほとんど本音を言わないのではないかと思います。
だからといって
何も考えてないわけではない
どころか
なんだかものすごくいろいろ考え、かつ
自分がすでに知っていることを、さらにグレードアップするような知的活動に
没頭
しているのではないかと思うのです。

水瓶座は、
嫌なことはしない、っていうか、むしろできない
という方が多いです。
「がまんしてやりなさい!」
「世の中には、嫌なこともやらなきゃいけないことがあるの!」
とかいわれても、それが自分でもアタマで解っていても
やっぱり心のどこかで
「そんなのピンとこなーい」
という感覚を持っている方が、とっても多いです。
そんな貴方が
「知っていること」
というのはイコール
貴方にとってものすごく楽しくておもしろいこと、であるはずです。

どちらかというと、
夢を取り戻す
やりたかったことをもう一度やってみる
という雰囲気が濃厚ですが
いずれにせよ、貴方が、勝手知ったる庭をさらに拡張しようと
一生懸命、夢中になって動き回っている姿が
何となく目に浮かんでしまう、空模様なのです。

石井ゆかりさんの今週の水瓶座でした!

この占い一読、大爆笑。
全部バレてるね。石井さんには(≧∇≦)ワッハッハッハ!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

03/19/2005

どうも私は正しいらしい(笑)


〜今週のみずがめ座さん〜

貴方の理想やイメージの世界ほど、美しいモノはありません。
なぜなら、貴方は
ものごとを最高の段階までとぎすまして考えることが出来る人だからです。
フツウなら妥協してしまうようなポイントも
貴方は易々と通り抜けてしまいます。
本来、プライドも高く、負けず嫌いな貴方ですが
そういう感情に打ち負かされて
理想や論理をまげてしまうような弱さは
貴方にはみじんもありません。
フツウなら、
自分は、ネガティブな感情のために論理を悪用しているのかも
と不安になるような局面でも
貴方の場合は全くそのような心配がありません。
公平な
といわれる星座はいくつかありますが
12星座中最も公平な思考力を持つのは
他ならぬ水瓶座です。


今週の石井ゆかりさんの占いには心うたれました(≧∇≦)。

まさしく。
妥協しない人物これ私デス。
おかげで東大大学院卒と結婚したりしてしまいました(爆笑)。

普通なら「とてもじゃないけど恥ずかしくてイケメンが好きと言えない」という感情ゆえに、多くの女性が本音を隠しているなかで「イケメンすきすき☆」と公言してしまう。そしていつかはきっとイケメンくんとラブラブな生活が待っているに違いない……と、子ども達がこぼしたごはんを片づけながら、夢見る。

どんな状況にあっても、明るい未来を忘れない。
みんな、笑うけど、でも夢くらい抱いてたほうが、楽しいじゃない(≧∇≦)。。。そうでしょ?
しかし他の星座は幸せそうなこと書いてあるのに、なんか今週の水瓶座は「夢を見る」だけらしいぞ。さみしいな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

03/12/2005

共有(つまりシェア)。


過去を打ち消して、見なかったことにしてしまうと
裏切られてしまう相手の心があるのかもしれません。
謝ったり感謝したりすれば相手の心が開かれるのかというと
これも、そうも行かない部分があります。

要するに。
大事なのは、未来「だけ」でも過去「だけ」でもなく
過去と未来のつながりなのだとおもいます。
その「つながり方」を、お互いに共有できたら
未来のことも同じように、共有できるのかもしれません。
自分の中にある過去を打ち消したり
相手の中にある過去を打ち消したり、は、
できそうに見えても、
絶対に出来ることではないんだと思います。
罪悪感でも羞恥心でも
打ちのめされるのでも責め立てるのでもない、
「共有」
のやり方が、必ず見つかるはずです。


石井ゆかりさんの今週の占いから抜粋でした。

急ぎの原稿があるので、コメントはまたこんど(≧∇≦)。

| | Comments (0) | TrackBack (5)

03/11/2005

雨が歌ってるわ。


ママ、あめがうたってるわ。

いち、にぃ、さん、しぃ、って、

うたってるわよ。


       (うちのむすめ(3歳))


今日おむかえに行ったら彼女はそう言って、
さあ聴いてごらんなさいといわんばかりに、
私にお空を指さしたのです。

宮沢賢治ばりの娘の表現に、
作家のマミーは


「まいりました(≧∇≦;」


| | Comments (95) | TrackBack (0)

03/10/2005

ダンスをもいだ東山義久の姿。レ・ミゼラブル<3/9・昼>

東山義久クンというのは、カラダで表現する男である。
彼はモダンバレエを彷彿とさせる、すごい動きをする。
ダンスチーム「DIAMOND☆DOGS」を率いていて、
ワタシはそれのファンなものだから、彼を知っている。
彼はD☆Dのリーダー。
他のメンバーを圧倒する人並み外れた身体表現と迫力と、
新体操選手顔負けのカラダの柔らかさにビックリさせられた。
踊っている時、カラダを自由自在に動かして、彼は感情を伝えてくる。
挑発するような妖艶な動き。
ドウダ!というようなちょっといばった得意そうな顔。
自信に満ちて四肢を舞台で伸ばしきっている。
それが東山クンだった。

こりゃ小さい時から相当教育されているんだろうなと思って後で調べたら、確かにバレエは習っていたけれど、それはなんと大学時代から。それまではダンスのダの字もやってないというのだからますます驚いた。これはスゴイ。もう一生踊っていてくださいな。指先までビシーッとキメて、演技していてくださいな。彼の天分はそこにある。そう思っていた。

その彼がなんとレミゼラブルのアンジョルラス!
私は舞台を見てまた驚いた。
動きがほとんど決まっているこのミュージカルには、
ダンスのシーンはない……。
東山義久「らしさ」はどうやって出すのだろう?
彼はどうやってカラダで演技、するのだろう。

私は勝手に妖艶なアンジョルラスを想像して出かけた。
だけど舞台にいたのは……。
……あんな自信のなさげな東山クンを見たのは初めてだった。
演技?それともほんとに自信ないの?
みたいに感じてしまうくらい、でも、それが彼のアンジョだった。

「ほんとは革命したことないし、勝てる自信なんてないんだ。
 だけどここまできたら、やりとげなくちゃ。そうだろ?」

そういうアンジョルラスの迷いとか不安がよく出ていた気がする。

「ほんとうは、闘いたくなんか、ないんだよ」

そういう感じだった。
うわーそうだったのか、アンジョルラス!
初めてレミゼを観た私は、まだ東山アンジョしか知らないけれど。
そういうアンジョだった。

東山クンは普段、自信に満ちたリーダーをしている。
だからてっきりそのまんまのリーダー姿で出てくると思っただけに。
この思い詰めたアンジョにはいい意味で裏切られた。
ああ東山クン(≧∇≦)。
そんな顔もできるんですねえ〜。

アンジョといえば最期のシーンがまた話題である。
私はほんとにてっきり、普段のように思いっきり、
「俺は死んでるぞ!」
ってアピールするかと思っていたのに。
彼の表現したアンジョはそういう男ではなかった。
そう。
東山クンは自分の地を捨てて、アンジョになりきっていた。


舞台には違うおとこのひとがいた。
私が知らない、革命に悩めるおとこのひと……。


東山クンは、本当に役者だったのだ。
静かなアンジョに静かに感動した昼下がりでした。

東山クン(≧∇≦)。
あたしまだ3/23と3/30も行きますから!
あ、よく観たら今日(3/10の夜の部も観てますわ!)
がんばってくださいー!

※東山クンは3月と5月レミゼに出演します。
4月は「DIMOND☆DOGS」の舞台に出ています。
私はそっちも行きます(≧∇≦)☆
しかし器用な人ですね。
レミゼやってダンスしてまた戻ってレミゼするのね……。

| | Comments (1383) | TrackBack (3)

03/06/2005

体で感じる(≧∇≦)。


今週は貴方の個性を生み出している「イメージ」を強化すべく
体感
を大事にしていただけるとイイかなって思いました。


今週の石井ゆかりさんの占いは、解釈が難しい。

でも、たぶん。
とにかく理屈でいろいろ考えてる場合じゃないらしい。
素直に、自分の身体全体で、いろんなことを純粋に、受け止めていうしかないらしい。


今日お友達が言ってたことなのだけれど、

10代より、20代、20代より30代のほうが、
ついつい色んなことを心配したり考え込んだりしてしまうようになる。という。

それは、社会的に発達してきて、ついつい、
相手の立場とか状態を思いやってしまうからなんだとか。

だから実はトシをとればとるほど、人間は、臆病になるらしい。

そうかもしれない。

わりと本能に素直な私ですらも、20代の頃に比べたら、
ずいぶんと、おとなしくなったし(笑)。

そう!
最近ね、私、おとなしんですよ。
みなさんにはそうは思えないかもしれない。
でもね、私周囲の騒動ってもんが、激減しているんです。
内面的にはとても静かで落ち着いた状態です。
そんな自分がちょっぴり可愛いこのごろです(≧∇≦)エヘ☆

この静かで平和なひとときを、全身で楽しんでみることにします☆

| | Comments (1) | TrackBack (0)

03/03/2005

たくさんの愛☆

新しい世界に向かうには、
ちょっとした遊びの感覚と
たくさんの愛がいる


      (オノ・ヨーコ)

なかなかオノヨーコさんについては詳しいつもりです(≧∇≦)。
語らせたら結構語っちゃいます。

オノさんの言葉はきりっとしていて、
私は大好きです。

新しすぎる試みを次々と、堂々と、平然と行った。
生活すること自体がアートだったし、
恋をすること自体がイベントだった……。

……憧れます(≧∇≦)。

でもほんと人間って、
愛をもって行うことほど、うまくいく。
そんな気がしてなりません。

奇跡を起こすとしたら、やっぱりそれは人間の情だと思う。
そう感じるこのごろです。

愛、というか、温かいハート。
それさえ根本にあれば、きっとうまくいくのです(≧∇≦)。


ジョンレノンさまにもいろいろと語りたいことがあります。
最近考えるのは、オノヨーコさんとショーンくんと過ごした、
つまりジョンレノンさんが主夫になり育児休業していた数年間。
あのときの顔。ほんとうに幸せそうでした。
ショーンくんに絵を描いてあげて、パンを焼いて……。
パンが焼けることにうーんと感動して……。
あのとっても幸せそうな顔を思い出すたびに、
男性はもっと家にいて、まったりじっくり暮らすのもありなんじゃないのかな。
そう考えちゃいます。
そしてジョンが家にいた数年間。
オノヨーコさんは、さっそうと外に出て、あれこれお仕事を
(ビートルズの権利関係の交渉ごとなども含め)
こなしていらしたそうです。

……(≧∇≦)憧れます……。


Ai ジョン・レノンが見た日本

| | Comments (0) | TrackBack (0)

03/01/2005

(≧∇≦)うん。

「あゆおけ。」


だいじょうぶ。

だいじょうぶ。

かならずほんとうに、

まちがいなくだいじょうぶ。

つよくある必要も、

正しく生きる必要も、

ほんとは重要じゃないのです。

望んでいるわけでも、

欲しているわけでも、

きっとないと思うのです。

あなたが、あなたらしく、

生きられるように。

だいじょうぶ。

まずは僕を信じて、

そして少しずつ、

自分を信じてくださいな。


       (吉井春樹「あゆおけ。」)

……(≧∇≦;
もちろんすべてご本人の許可をいただいてますよ。
しかし最近吉井春樹クンが素晴らしすぎて。困ります。

(≧∇≦)うんうん。
信じるってだいじです。
そして最近思うことは、
「楽しむ」ってことも、だいじですよね。

自分が楽しくやってることって、
きっと相手にも楽しく伝わるはずです。

私が楽しくて楽しくて書いた小説は、
そのよろこびが読者さんにも伝わっているように。

そんな吉井さんの近刊は、こちら。


ふたいち。—叶えたい77の恋コトバ

| | Comments (306) | TrackBack (0)

« فبراير 2005 | Main | أبريل 2005 »