« 圧倒的な不公平感 | Main | 雨が降り続くと »

10/19/2004

ということで小説すばる

昨日の日記で書き忘れました。

ということで、ある意味ワザと、シングルマザーの悲哀な朝を描いたエッセイ「いってらっしゃい。」を、集英社「小説すばる」に書かせていただきました。担当編集さま(20代前半男性。それにしてもワザとなのか私へのイケニエなのか、最近20代の男性をあえて担当にしていただくことが多いような(≧∇≦))が涙ぐんでしまったしろものでございます。

なんか今月の小説すばるは売れ行きが(私のせいではなく)とってもいいそうで、あまり書店で見つけられないみたいです。みなさ〜ん、表紙に私の名前が下に小さく載ってる号を買ってくださいね。もしどーしても見つからない時は、大抵の図書館にはあります。11月号です。読んでみてくださいな。

|

« 圧倒的な不公平感 | Main | 雨が降り続くと »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34456/1721627

Listed below are links to weblogs that reference ということで小説すばる:

» Discount phentermine. [Phentermine at discount p.]
Phentermine us discount. Discount phentermine. [Read More]

Tracked on 06/02/2007 at 11:56 ص

« 圧倒的な不公平感 | Main | 雨が降り続くと »