« 昔書いた詩(2) | Main | 再び愛する »

09/10/2004

昔書いた詩(3)

3夜連続恥かき企画も今夜で最後(苦笑)。
なに考えてるんだこの女、って感じの詩をお送りして終わりにさせていただきます。

たいへん恥ずかしいものをお見せしてしまいました。
失礼いたしました(≧∇≦)。


<だだ子>


私のなかにだだ子がいる
あいたいあいたいと泣いている
私は私でだだ子を育てているくせに
私のだだ子がだだこねる
あの人にあいたいとすねている

私のだだ子が走り出す
あの人のもとへ
気持ちだけが飛んでいこうとする
だけどどこにいるのかわからずに
暗闇の中、大泣きしながら戻る
私のだだ子が涙とはなで顔をべたべたさせながら
あの人はどこと泣いている

私は泣く
だだ子を抱いて我が子を抱いて
私は泣く
おかあさんが泣いたりしたらおかしいから
カラ涙を流して、空を見上げて泣く
あの人はどこにいるのか何をしているのか
考えると泣けてくるから
我が子をあやすことに懸命になりながら


|

« 昔書いた詩(2) | Main | 再び愛する »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34456/1405065

Listed below are links to weblogs that reference 昔書いた詩(3):

« 昔書いた詩(2) | Main | 再び愛する »