« 偶然をはらむ人生。 | Main | ケータイ小説100万アクセス »

06/08/2004

子どもにネットのルールを。


将来の夢「小説家」……。
カッターで首を切られてなくなった御手洗怜美さんが、文集に、そう書いてらしたそうです。

ネットにいる小説家として、なんともいえない気持ちになりました……。

まだ誰もちゃんと子ども達に教えていない気がするんです。
ご近所の人とのお付き合いのしかたは教えてます。
「こんにちは」「おはようございます」「いってきます」
そんな言葉も教えられます。

だけど。

ネットで知り合った人とのお付き合いのしかた。
誰かが教えているだろうか。まだあまりそういうことをしていないのではないかと思います。

ネットの世界は独特で、一時は大のオトナまで「ネットバトル」と称して本気で罵りあったりすることもありました。オトナですら逆上する「重箱の隅をつつくような」「揚げ足をとるような」そんな状況があったことも事実だし、ネットのどこかでは今日もそんなバトルが繰り広げられているかもしれません。

たとえ顔見知りでも、ネット上で「活字」となって表現されると、必要以上に傷つくということ、他の皆にも悪口が読まれるということ。これらは私たちが子ども世代の時には考えられない傷を生んでいることは確かです。もし私が子どもだったら相当傷ついてると思います。交換日記で悪口書かれただけで結構キましたもん。

「こんなこと書かれたら傷ついちゃうよ」
「こんな表現はやめようね」
「他のみんなにも読まれちゃうんだよ。書かれていやだなあって相手が思うことは、やめようね」

こういうこと、誰かが教えるべきなんじゃないかしら。

本来親がやるべきで、うちは私がやってます。今、息子はヤフーゲームの「プロキシー」や「オセロ」に夢中なのでその合間にチャットで話しかけられたりしますから、
「こんなこと言われちゃったね」
「どうやってお返事していこうか?」
などなど、その時の対応を一緒にやりつつ教えています。

それでも「絶対ウチの子はよそさまのお子さんを傷つけない」なんて保障はないです。時にとっくみあいのケンカとかもするらしいし……。でもやれることはやっておきたい、教えられることは教えておきたいというのは親心として、持ってます。

息子は変なあだなをつけられて悩んだこともあります。
子どもってほんとうに小さなことをうんと気に病むんです。
やっぱりすごくコトバって傷ついてしまう。だけど傷ついたら復讐していいかというとそれは違う。そういうことも伝えていきたいです。
「いやなことを言われてイヤな気持ちになって落ち込んだら、それこそ時間がもったいないんだよ。お前は、気にせず楽しく生きていきなさい。お前が楽しく過ごすこと。それが一番なんだよ。気にするから相手も面白がるんだ。気にしないことが一番なんだよ」
なんどもそう言いきかせています。あんまり度が過ぎたらもちろん親としていろいろ対応は考えるけど、大したことでない時には「悪口言われても、あまり深く気にしないで生きていく方法」を身につけることも絶対必要だと思います。

だけど我々世代ではまだ「チャット」「ネット」を体験していない親も大勢いるので教えることが不可能なケースも多々あったりします。

なので、そういう親のためにもできれば多少なりともネットコミュニケーションの知識をもった教師が道徳の授業にでもクラスの子ども達に緊急連絡として、教えてほしい気がします。

もう12歳ともなると、なかなか親に悩み相談できるトシでもありません。スクールカウンセラーのようにネットカウンセラーやネットコミュニケーション110番のような存在が必要な気がしています。


心の底よりご冥福をお祈りいたします。

|

« 偶然をはらむ人生。 | Main | ケータイ小説100万アクセス »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34456/733655

Listed below are links to weblogs that reference 子どもにネットのルールを。:

« 偶然をはらむ人生。 | Main | ケータイ小説100万アクセス »