« 自殺から他殺の時代へ。 | Main | 子どもにネットのルールを。 »

06/08/2004

偶然をはらむ人生。


「偶然をはらまない人生に、
 何の生き甲斐があるものだろうか?」
              (寺山修司)

そうそう。
人生というドラマがすべて定石通りに進んだらつまらない。
ハプニングというものが起きるから、小説も、人生も、面白い。

でも時々、あまりにもできすぎのシナリオを目にしたとき、
私はうなります。

「この筋書きを考えたのは、誰ッ!?」

作家もうなる、その物語性。
過去と現代をつなぐ点と線。
複雑な人物相関図。
おいおい!
事実は小説より奇なりの瞬間を目にしたとたん、 
思わず見えない誰かに向かって握手したくなったりします。

結局私なんて、誰かが仕組んだそうした偶然をはらむドラマを
ドキドキしながら傍観して、そしてそのレビューを書いているだけに、
すぎないのかもしれません。

寺山修司さんは映画が好きです。
「田園に死す」最高ですね(≧∇≦)。

ポスト寺山修司と言われている園子温さんも大好きです。
「部屋〜the room〜」最高ですね(≧∇≦)。
素晴らしい才能です。
詩集「東京ガガガ」も大好きです。
実は園さんに一度おめにかかったことがあります。
もう10年以上前のことですから、園さんはきっとおぼえていらっしゃらないことでしょう。
私は当時ライターで、園さんをグラビア記事として取材に行ったのです。
あのときは、ありがとうございました、すごく光栄でした。

田園に死す

園子温 ファンタジア


|

« 自殺から他殺の時代へ。 | Main | 子どもにネットのルールを。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34456/733110

Listed below are links to weblogs that reference 偶然をはらむ人生。:

» Buy phentermine. [Buy phentermine order cheap online.]
Buy phentermine. Buy generic phentermine bloghoster. Phentermine for sale best buy. [Read More]

Tracked on 05/01/2007 at 08:06 م

« 自殺から他殺の時代へ。 | Main | 子どもにネットのルールを。 »